top of page
  • 執筆者の写真英真研 ESK

新しい方法を模索中

こんばんは。英真研の植田です。


しばらく投稿していないうちにすっかり寒くなってしまって、半そでを着ていた頃が懐かしいです。


さて、最近高1の指導をしていて、英文法の解説・演習や、リーディングの教科書の解説も行っていたのですが…


どうやら通訳式の練習をするときは楽しそうにやってくれるし、集中できているし、定着もよいということを感じました。


具体的はいろいろあるのですが、一つ例を挙げるとすれば、「クイックレスポンス」ですね。単語のテストといえば、テストプリントを作成して行うのが一般的ですが、「口頭で単語を素早く・連続して読んでいき、意味をすぐさま言ってもらう」という方法です。


なかなか集団授業ではできなかったことですが、個別指導になった今、この方法がいい感じで受けています。


将来的には速読、リスニングのどちらにも効果がありますので、今後はもう少し改善した形を続けていきたいと思っています。

最新記事

すべて表示

高三はトップダウン式

こんにちは。 英真研の植田です。 いよいよ新学年が始まって10日ほどが過ぎようとしております。 そろそろ慣れてきた頃でしょうか。 私もテニス部の練習に定期的に参加しておりますが、暑くなってきて練習後には疲れ切っているような生徒を見かけることも増えてきました。 そんな中でもうまくスキマ時間を見つけて学習 進めたいものです。 さて、英真研にも今年度また高三生がいるのですが、授業の在り方について考えてい

高1授業のモデル

こんばんは。植田です。 当塾は完全個別授業ですが、授業の様子が少しだけでもイメージできるように紹介いたします。要望や目標があればそれに向けて進みます。(実際に行っていた授業になります) 【基本的な授業の進行】 高1:定期テストを中心とします 高2:実力強化を中心とします 高3:志望校の過去問演習・解説を中心とします 【授業の雰囲気と授業で準備しているもの】 ・授業ではiPadを使用しています。 ・

Commentaires


bottom of page